メルカリ手数料はいくら?購入者・出品者にかかる費用とは?

スポンサードリンク

フリマアプリの中でも不動の地位を築いているのがメルカリです。圧倒的なダウンロード数を誇り、多数のアクティブユーザーの存在で活発な売買が行われています。
スポンサードリンク

アプリは無料


そんなメルカリを利用するにあたり、知っておきたいのが手数料関係についてですが、まずアプリ自体は無料でダウンロードすることが可能です。そしてアプリ無料の上、登録をしても費用が掛かることはありません。売買に至らない限りは一切を無料で利用できますので、商品の検索や閲覧を楽しむ分にはタダで使えます。

出品者の手数料

では出品者側の立場から見た際の手数料についてですが、出品手数料は無料となっていますから、いくら出品を行っても費用は掛かりません。費用が掛かるのは購入がされた場合であり、その際には出品価格の10%が差し引かれます。なお、メルカリでは最低出品価格が300円となっていますので、最小の販売手数料は300円の10%となる30円です。

送料について


その他の出品者側に対して発生する可能性がある費用としては送料ですが、ただし着払いの設定ならば送料は掛かりません。購入者側が負担する形となるため、出品者側は10%の販売手数料を支払うだけで済みます。ちなみにメルカリでは着払いの設定よりも、送料込みで出品をした方が売れ行きが良くなる傾向があります。ですから殆どの出品物は送料込みとなっているのです。
なお、出品者が送料を負担する場合、どのような発送方法を選択するのかによって支払い方法も違ってきますので見てみましょう。

まず、メルカリ便以外を利用する際の料金の支払い方法ですが、例えば郵便でのサービスを利用する場合は発送の際に直接窓口での支払いを行います。

スポンサードリンク


一方でメルカリ便を利用する場合ですと支払方法が変わり、売り上げから差し引かれる形で支払うことになります。ですから窓口で負担をする必要はなく手間を省略することが可能です。
どの程度の差し引き金額になるのかは 、メルカリ便の中でもどの発送方法を選択するかによって違ってきます。例えばネコポスを利用する場合ですと195円、宅急便コンパクトを利用する場合は380円、宅急便の場合は重量とサイズによって料金が変わり、600~1500円の間で料金が決まります。そして発送方法に応じたこうした料金が売り上げから差し引かれることになりますので、必然的に一定価格以上の出品価格ではないとメルカリ便を利用することはできません。


スポンサードリンク


ところで販売をした場合、払い出しの依頼をすることによって、売り上げを自身の銀行口座へと振込をしてもらうことができます。その際、1万円未満の払い出し依頼ですと、210円の振込手数料が発生します。1万円以上の場合なら無料となっていますので、手数料が気になる場合は1万円以上の売り上げ金額になってから依頼するのが良いでしょう。


購入者側の費用


続いて購入者側になった場合の諸費用についてです。購入する場合に掛かる項目として挙げられるのは支払手数料です。銀行ATMやコンビニ振込などを支払い方法として選択した場合は100円の手数料が発生します。

しかしながら手数料が無料で済む支払い方法もありますので、手数料を節約したい場合はそうした支払い方法を選択するのがおすすめです。無料で済むのは次の通りであり、カード支払いをはじめ、全額ポイント支払い、全額売り上げ支払い、全額クーポン支払いです。

メルカリ手数料・諸費用まとめ


メルカリで売買をする際には以上のような費用が発生しますが、特に手数料を気にすべきは出品者側と言えるでしょう。販売手数料の10%をはじめ、送料を負担する場合は自費で持たなければいけません。そういった差し引き分を計算すると、残りが僅かになってしまうこともありますので、よく計算の上で販売価格を決めていくことが大切です。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサードリンク
ページ上部へ戻る